ケアワーカー資格ポイント集

ケアワーカー資格を取得するには

介護福祉士の資格を取るにはいくつかの方法があります。ここではそれぞれのコースを簡単に説明します。自分の今の状況を振り返り、もっとも自分にあった効率的なコースを選ぶようにしましょう。

1. 養成施設を卒業するコース

・ 2年以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業する

高卒以上の人が2年制(夜間は3年制)もしくは4年制の養成機関に通学して卒業すれば、介護福祉士の資格が取得できる。養成課程では介護福祉士として必要な指定科目が設けられており、教科学習以外に介護老人福祉施設などでの介護実習が義務付けられている。また、国家試験がない代わりに卒業時に介護福祉士養成施設協会が実施する全国共通試験を受験する。

・ 福祉系大学で指定科目を履修した者が、1年間の養成施設を卒業する

福祉系大学を卒業した場合は、1年制の介護福祉養成施設に入学でき、卒業と同時に介護福祉士の資格が取得できる

・ 社会福祉士養成施設などを卒業(修了)した者が、1年間の養成施設を卒業する

社会福祉士受験資格を持っている場合は、1年制の介護福祉士養成施設に入学でき、卒業と同時に介護福祉士の資格が取得できる

・ 保育士養成施設卒業者が、1年間の養成施設を卒業する

保育士資格を持っている場合は1年制の養成施設(夜間は2年)に入学でき、卒業と同時に介護福祉士となる資格を取得できる。ただし、保育士の資格を国家試験で取得した場合は2年以上の養成機関へ入学しなければならない

※養成施設とは、厚生大臣が指定する介護福祉士になるための施設のこと。
具体的には、介護福祉士養成施設と指定されている専門学校、短期大学、4年制の大学などのことを指す。

2. 国家試験を受験するコース

・ 介護などの業務に3年以上従事する

老人福祉施設や児童福祉施設、また病院の病棟や診療所で3年以上介護業務に従事していれば、国家試験の受験資格を得ることができる。(ただし、社会福祉施設の相談援助業務や病院などの医療従事者は受験資格にならないので要注意)

・ 高等学校の福祉科福祉コースを卒業する

高校進学の早い時期から介護の仕事を志している場合は、高校または修学年限2年以上の高校の専攻科(福祉科福祉コース)に入学し、福祉に関する科目を修めれば、卒業と同時に国家試験の受験ができる





ケアワーカーのお仕事転職ノウハウケアワーカー試験ポイント集先輩の声介護業界のキャリアアップ大作戦!
こんなときどうする?便利なリンク集
介護 求人 情報 サイト
ケアマネージャー・介護職の求人情報を載せたい方はこちらケアマネージャー・介護職の転職情報をお探しの方はこちら
ヘルパーケアマネージャー会社案内